キロクするくらし

少ない物で暮らす、を目標に色々な事をキロクしていけたらと思います。►►►シンプリストに移行中です*

服を断捨離して思う事*とらわれ過ぎて買えない服

スポンサーリンク

 

これまでシンプルライフを目指して、たくさんの服や靴を手放してきました。

振り返ってみて、「あれ、処分しなきゃよかった」と思った物はありません◎

 

(過去記事)

●ZOZOTOWN買取り査定の結果がきました!→★

●ブランディアの査定結果が出ました!→★

●【断捨離】そろそろ夏物を断捨離しようと思います→★

 

 

理想のワードローブって?

私の知っているミニマリストさんのクローゼットは少数精鋭!

全てがお気に入りだから、これだけあればいい!というのがThe・ミニマリストのイメージ。

だから私も減らして減らして、全部がお気に入りの物を買ってずーっと長く着るんだ~と思っていました。

 

となると、

次に買う服は本当のお気に入りじゃなきゃいけない。

長く着る事を考えたら質の良い物=高い物じゃなきゃいけない。

数年後に年齢を重ねても着られるようにベーシックな物じゃなきゃいけない。

 

 ずーーーっと、ずーーーっとそんな風に思っていました。

 

 

そしたら、

 

買えなくなったんです、服が。

 

 

葛藤がありすぎて購入に至らない。

正直ね、良い物にお金をかける志向はあるけど、高い洋服をポンポン買えるようなお金持ちじゃないです。

でも長く着れる洋服は必然的に素材が良い物になるので、値もはりますよね。

そんな高い買い物するんだから、気軽に選べなかった訳です。

 

こんなに世の中に洋服や靴が溢れかえっている中で、自分にピッタリの物を見つけるのって結構大変。

だから服を買えなかった。

 

でも一方で手持ちの服はバンバン断捨離をしていた訳ですよ。

一応、今来ている服やベーシックな服は残していますが、とってもお気に入り!!今後も絶対着たい!傷んだら買いなおしても着たい!って訳ではない。

 

そしたら毎日の服選びにワクワクしなくなったのです。

私、元々はファッション好きなのに・・・なんでこんなにテンションの上がらない服で毎日を過ごしているんだろう。。。

 

そんなモヤモヤをずーーっと抱えていました。

 

 

気づいた事、考え直した事

そんな日々が嫌で、ここ最近はずーーっとクローゼットとにらめっこ。

買えないのにショップへ寄ってウロウロしてみたり。

 

そしたら、気づいたんです。

そういえば、断捨離した服たちも靴たちも、元々はとてもお気に入りだったな

という事に。

お気に入りだから買ったんだ、そしてお気に入りでたくさん着ていたから飽きたんだ。

歳も重ね、流行が変わり、趣味が変わり、着心地がいいと思う物が変わり・・・

だから手放したんだ。

 

じゃあ今必死に長く着れる服を探してるけど、それもいつか飽きる?

だったら長く着れるとか、質のいいとか考えなくても、飽きたら手放せるような服でもいいんじゃないか?

迎え入れたら手放して、一定量以上に増えなければいいんじゃないか?

お気に入りの物を飽きるまで着て、それでお別れ出来たら、無駄ではないんじゃないか?

 

 

 

これからの私のファッションについて

この結論にたどり着いて、今はなんだかホッとしています。

考えすぎて頭がカチカチになっていたような気がします。

ミニマリストさんによってワードローブに関する思考はそれぞれです。

その思考の根本には個人の性格や、生活スタイルがあっての物ですよね。

 

私はファッションが好きで、服や靴が好きで、色々な着回しをするのも好き。

「少数精鋭のワードローブ」や「私服の制服化」は今の私には合わない。

 

でもシンプルライフを目指している事に変わりはないです。

私が気を付ける事は「着ていない服をタンスの肥やしにしないこと」

定期的に見直して「一群の服ばかりになるようにする事」

 

それができるのであれば、お気に入りの服をどんどん迎え入れようと思います!!

 

 

 

長々と書きましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク